滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

発声のトレーニングの方法

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

発声は、もっとも肝心な基礎です。声が貧弱だったら観客に言葉が伝わらないでしょう。具体的に発声とは、どのようにしてトレーニングをしたらいいのでしょうか。

まず第一には体の力を上手に抜くことです。

腹式呼吸を使って声をおなかからだす。有効なトレーニング方法を行うためには、まずは仰向けになって横になって下さい。

次に体に力を入れます。頭のてっぺんからつま先まで、筋肉に力を入れて緊張させます。

5秒間すべて力を抜いてみてください。

これを三回くらい反復しましょう。三回目には力を抜いたところで、口を閉じて「ん~~~~」って声を出してみてください。

鼻の奥深いところを響かせるくらいの感覚です。

口を開けて、「ん~~~~~む~~~~ま~~~~あ~~~~~~~!」と、声を出していってみると良いでしょう。

きれいな声を出す必要はないのです。

音階もすべて正確でなくてOKです。

当然のことではありますが、多くの人は闇雲にきれいな声を出す傾向にあります。

横になっているときには、人は腹式呼吸を行っています。

横になった状態で、腹部に手を置いて、意識することなく呼吸をしてみましょう。

ブレスを吸ったときはおなかが膨らみ、吐いたときには凹んでいるのが普通です。

発声のイメージはつかめましたか?

次は立ってやってみてください。

ジャンプをおこないます。

三分間程やってみてください。

手や足は緩やかに脱力してみてください。

ジャンプすればおのずと揺らぐでしょう。力を抜いてみてください。横の状態になったときと同様のやり方で、第一はハミングより、ゆっくりと口を開けていってみてください。

このポイントを日々行っていれば、ステージで発する声さえも確かなものに変わっていくこと請け合いです。

ステージで発する声というのは、日常生活に於いての喉から発する声とは異なって、おなかの中から発する声と言えます。

アニメの登場人物という様な作り声を発している人が見受けられますが、よほどトレーニングを行なった声でなかったら、ちょっと不愉快だなと感じます。

声優を望んでいる人につきましても、原則は何をおいてもステージにおいてのパフォーマンスなどだったり発声だったりします。

基礎をマスターして、声をコントロール出来るように気を付けましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク