滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

どもりと滑舌の関係

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌と合わせてよく悩みが多いのが「どもり(吃音)」です。

どもりは通常幼児期に多く見られる症状です。
大人になるにつれて自然と治るケースも多いのですが、幼稚園や小学校などで周りにどもりを指摘されるなどの経験があると、症状がより悪化してしまい、成人してもどもりが治らず、じしんのなさから声がこもって滑舌も悪くなってしまうという悪循環に陥る可能性もあります。
しかし、逆に考えれば、滑舌を良くすることによってどもりを改善することもできる、ということになります。

どもりの症状は、骨格など体のつくりよりも、メンタル面からくるストレスが原因である場合が多いようです。
そのため、どもり改善のための滑舌トレーニングは「無理をせず、楽しみながら行うこと」が大切になってきます。
例えば、小説や漫画などお気に入りの本を手元に用意します。
そして、その本で特に好きなセリフやシーンのところを大きな声で朗読します。
場合によっては音楽を聴きながらでもいいでしょうし、飲み物をおいてのどを潤しながら行ってもかまいません。
まずは声を出すということに対する恐怖心を取り除いてやること、声を出すことに慣れることが大切です。

はじめはほんの数分でもかまいませんので、朗読を繰り返すことで、声を出すことに親しみを持ちましょう。
これを続けていくことで、自然と舌の使い方や口の開き方を覚え、どもることなくスムーズに話すことができるようになっていくのです。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク