滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

口の大きさと滑舌の関係

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

最近、メールやSNSの普及に伴い、声を使ったコミュニケーションが薄れている、という話を耳にします。
ですがその反面、声に特化した職業(声優やアナウンサー、歌手など)を志す人の発表の場が増えているのも近年の特徴です。
動画共有サイトなどでは個人の仮称動画やアテレコ作品などが日々投稿され、声を通した交流サイトも増えてきています。
そのため、プロでなくとも自分の発生や滑舌を鍛え、日々の生活に生かしている方が若年層には特に多いようです。

滑舌を良くするために意識したいのはまず腹式呼吸など呼吸法ですが、次に注意したいのが「口の大きさ」です。
いくら肺活量があっても、口のあけ方が小さいとそこで音のボリュームが絞られてしまい、聞き取りにくくなってしまいます。
また、口をほとんど動かさずに話した場合と、大げさかなと思うくらい大きく開けて話した場合、後者の方が必然的に滑舌がよくなり、相手に言葉が伝わりやすくなります。

毎日の会話の中で口を開くことはあまり意識していないかもしれませんが、試しに鏡の前で自己紹介をしてみてください。
思っているほど口が開いていなかったり、動きが小さくなっていたりしませんか?
口を開けて話すことは当たり前のようですが、意外とそれができていないことが多いのです。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク