滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌チェックは子供のうちに

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌が悪くなってしまう原因のひとつに「舌小帯短縮症」が考えられます。

舌を上に持ち上げるたとき、舌の裏側にある細上のものがついていると思いますが、これが「舌小帯(ぜつしょうたい)」と呼ばれるものです。

「舌小帯短縮症」とは、この舌小帯が生まれつき短く、滑舌がはっきり出来なかったり、赤ちゃんの場合は授乳をうまく行えないなどの症状が現れます。

日本ではだいたい40人に一人ぐらいの割合でみられるようです。

舌小帯短縮症の治療法としては、口腔外科で局部麻酔をし、はさみなどで舌小帯を切る手術を行うなどありますが、相当症状がひどい場合でない限り手術は必要ないとされています。

また、あくまでも小児外科の病気とされているため、手術を行うのに適した年齢はだいた10歳ぐらいとされています。

年齢を重ねるごとに舌の動きには癖が出来てしまうため、大人になってから手術をしても劇的な効果は望めないようです。

もし、お子さんの滑舌が極端に悪かったり、正常な授乳が困難である場合は考えられますので、早めの受診や医師への相談をオススメします。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク