滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

肺活量と滑舌の関係

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

よく、「滑舌の改善には舌の動きをトレーニングすればよい」と思われがちですが、滑舌を良くするには、舌の動きを滑らかにすることに加えて、肺活量を鍛えることも重要です。

肺活量とは、意識的に肺が出し入れできる空気の最大量をいい、肺の容積を表す指標です。

特に、アナウンスをしたり、歌を歌うときなどは、この肺活量の多さは大変重要になってきます。

普段の会話ではあまり気に留めないことかもしれませんが、肺活量があればあるほど、声もはっきりと発音できるようになりますし、発生のときの空気をコントロールできるようになるので滑舌がなめらかになり、言葉一つ一つも聞き取りやすくなります。

また、肺活量を鍛えることで喘息時の呼吸を楽にしたり、運動をした時に息切れが起こりにくくなるなどの効果も期待できます。

肺活量のトレーニング法としては、よく挙げられるのが「有酸素運動」です。

私たちの体は、適度な負荷をかけることによって成長します。

肺活量においても、無理に激しい運動を行うのではなく、「少しつらいかも?」くらいの負荷を感じる程度のジョギングや水泳などを継続的に行っていると、必然的に肺活量は増えてきます。

個人の好みにもよりますが、中でも体にあまり負荷をかけない水泳は特にオススメです。

また、有酸素運動を行うことにより、体の機能を高め健康増進へと繋げていくことも期待できます。

滑舌改善のみならず、自信の身体機能のきっかけにもなりますので、普段まったく運動していない・・・というときは、軽くジョギングから始めてみてもいいかもしれません。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク