滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

舌がこると滑舌が悪くなる?!

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

体の筋肉をしなやかに保つためには、普段からストレッチを取り入れるのがいい、といわれています。
適度に運動を行うことによって体内の血液循環がよくなり、ボディラインが整えられるほか、しなやかな筋肉を保つことによって肩こりなどの症状を改善することも出来ます。

さて、日ごろから体を動かしていないと肩こりなどになりやすくなることはご存知かと思いますが、実は私たちの滑舌の良し悪しを左右する「舌」も、適度に動かさないと「こる」のです。
肩こりの解消法のひとつにストレッチが挙げられるように、舌もストレッチをしてあげることによってこりがとれ、より滑らかに動いてくれるようになります。
舌のスムーズな動きは滑舌・発声の美しさに繋がりますので、舌の動きがにぶいと感じている方は早速実践してみましょう。

方法は簡単です。
まず、「あっかんべー」をするように舌を出し、下の表面を傷つかないようガーゼなどを添えて指で先のほうをつまみます。
力いっぱいつまむ必要はないので、下を軽く押さえるくらいの気持ちで大丈夫です。
次に、つまんだ舌をゆっくりと上下に動かします。
2、3往復したら、今度は左右にゆっくりと揺らすように動かします。
この時、あくまでも舌の力は抜いた状態で、手で動かしてあげるのがポイントです。
おしまいに、舌をとんとんと指で押し、全体的にほぐしていきます。

人によってはやりやすかったり、ちょっと動かし肉あったりするかもしれませんが、ストレッチをしてから発声練習をしてみると、予想以上に舌の動きが軽くなっているのが分かるかと思います。
人前で行うのは少々恥ずかしいかもしれませんが、お風呂に入っているときなどに行うのがオススメです。
準備運動のようなもの、と思って、無理のない程度に取り入れてみてください。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク