滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌(かつぜつ)を上達させる方法

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌は、“舌の滑りを良くする”という意味で使われます。

滑舌を上達させるには、文字通り“舌の動き”がポイントになります。

口を大きく開けて、舌の動きを意識しながら、滑舌のトレーニングを行うと効果的です。

実際に滑舌を上達させる方法としては、母音で話すという方法があります。

これは言葉を母音に置き換えて話すということで、例えば「ありがとうございます」なら「あいあおうおあいあう」と発音する事になります。

口の形を意識し、はっきりと発音します。

数回の練習では効果はありませんが、毎日数分でも練習を続ければ滑舌は上達します。

また、滑舌を上達させる方法で有名なのは、早口言葉です。

『合羽カパカッパ雨合羽、雨合羽デカ合羽カッパガパ(かっぱかっぱかっぱまがっぱ、あまがっぱでかがっぱかっぱがぱ)』や『出所後社長初出社(しゅっしょごしゃちょうはつしゅっしゃ)』など、小さな『つ』が入っている早口言葉は、特に滑舌を上達させる早口言葉のようです。

早く言えることを目的とせず、はっきり発音できているかどうかを確認しながら練習する事が滑舌を上達させるポイントです。


母音で話すやり方は劇団四季の発声方法が非常に参考になります。

詳細はこちら

↓↓↓

劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924)

↑↑↑

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク