滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌(かつぜつ)を早口言葉で改善する

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑



[オーディオブックCD] 古今東西の早口言葉 ~早口コレクション55編~ ()



滑舌を良くするためのトレーニングとして、早口言葉を練習する方法があります。

滑舌を良くすることを意識するなら、ただ早く話せばいいという事ではなく、はじめはゆっくりでも良いので、焦らずはっきりと発音する事が大切です。

首や肩などは余計な力を入れず、声を前に出すようなイメージで、腹式呼吸をしながら早口言葉を練習しましょう。

代表的な早口言葉をいくつか挙げますと、「赤巻紙青巻紙黄巻紙(あかまきがみあおまきがみきまきがみながまきがみ)」や
「隣の客はよく柿食う客だ(となりのきゃくはよくかきくうきゃくだ)」、「バスガス爆発(ばすがすばくはつ)」などがあります。

滑舌のトレーニングをしている教室では、「お綾や、親にお謝り。お綾や八百屋にお謝りとお言い。
(おあややおやにおあやまり。おあやややおやにおあやまりとおいい。)」という早口言葉を練習するそうです。

「お」「あ」「や」の3つの口の形がしっかりと異なる口の形になっているかをチェックポイントとしているようです。

大きな口を開けて発音すると、言葉が聞き取りやすくなります。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク