滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

鼻濁音を練習して滑舌をさらに綺麗にしよう

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

人と話していると、同じ言葉でも一方は荒っぽく、一方はやさしくやわらかく聞こえることがあります。
スピードや語尾の落ち着きなどもありますが、もうワンランク上の滑舌のよさを目指すのなら、アナウンサーなどが活用する「鼻濁音」を使いこなせるようになりましょう。

「鼻濁音」とは、「ガギグゲゴ」のガ行の音を鼻に抜けるように発音する音のことです。
「か゜き゜く゜け゜こ゜」と表記し、発音的には「んが、んぎ、んぐ、んげ、んご」といった感じで音を出します。
これに対して、そのまま発音する「ガギグゲゴ」は「濁音」といいます。

鼻濁音には、荒く鋭くなりがちな濁音を和らげ、やさしく落ち着いた印象を与える効果があります。
鼻濁音ができなくとも問題はありませんが、本来鼻濁音で発音すべき接続詞や語中の「ガギグゲゴ」がそのまま濁音で発せられると、滑舌以上に荒さが目立ってしまったり、言葉によっては品がなく乱暴な印象になってしまう場合もあります。

特に言葉を大事にするアナウンサーなどは、この鼻濁音をしっかりと使いこなします。
会話中に鼻濁音が使えると、それに付随するほかの言葉の滑舌も美しく聞こえますので、覚えておいて損はないでしょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク