滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌と言葉の「間」

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌の良さは、普段の会話や会議での発表、時に歌など、声の表現においては欠かせないものです。
ですが、滑舌だけがよくても伝わりやすい話し方とはいえません。
滑舌と共に気をつけて学んでおきたいのが、言葉と言葉の「間」です。

よく、説明をするときに言葉をどんどん並べ、早口でまくしたててしまう人がいます。
一般的に、人は早口になるほど言葉が転びやすくなり、滑舌もおろそかになりがちです。
よほどのトレーニングを積んだプロでない限りは、早口で物事を正確に相手に伝えるのは難しいでしょう。
書き言葉には句読点や段落など言葉のリズムを作るポイントがありますが、文章を読むときには句読点以外のところでもいったん落ち着いたり、区切ったりして一定のリズムをつくります。

間の取り方としては、大事な言葉の前に少しだけ空白をつくる方法が効果的です。
これにより、その言葉が他の言葉よりも際立って聞こえます。
また、間を意識して話すことによってスピードも必要以上に速くならず、滑舌に気を配りながら話す余裕が生まれます。

誰かを対象に「話す」ということは、その対象に物事を「伝える」ということです。
自分が何を相手に伝えたいのかをよく考えて、言葉の間を大切にすることで、自然と滑舌も意識され改善されていくでしょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク