滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

温める=滑舌がよくなる?

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

アナウンサーの活躍の場は、なにもスタジオの中だけにとどまりません。
ときに風の強い屋外でレポートをしたり、ときに雪が降る中情報を伝えなければならないときもあったりします。
そういった状況下の中でも、滑舌を乱すことなく話しているアナウンサーをみていると、プロである威厳を感じますね。

さて、このように場所・状況に関係なくリポートをしているアナウンサーですが、服装に注目してみると、タートルネックだったり、夏服の時でもスカーフを巻いていたりと、首周りを温めている場合が多いことに気づきます。
滑舌よく話すためには体をほぐすことも大切ですが、体、特に首を温めることが必須です。

寒い日に体が冷えて動きが鈍くなるのと同様に、声帯が寒さによって冷えてしまうとうまく言葉が出てきません。
そこで、首を温めることによって声帯を寒さから守り、声の震えなどを最小限に抑える必要があります。
さらに言えば、声はいくつかの筋肉を使って出すものですので、普段から体を温めておいたほうが滑舌もよくなります。

日ごろから運動や食生活など基本的なところも十分に心がけ、より良い声を作っていきましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク