滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

連続する音の滑舌改善

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

よく、「単音だけならうまく発声できるのに、文章を読むとなぜか滑舌が悪くなってしまう」という話を聞きます。
言葉は音の連続で出来ていますので、連続した言葉の発音が美しくなければ滑舌を鍛えた意味がありません。

まずは、自分が苦手とする文章の一説、または単語をいくつか書き出し、どの言葉の連なりがうまく言えないのか確認してみましょう。
「ラとダ」「ナとア」など、実際は違うはずの発音が混同されてしまう場合は、それに応じた滑舌トレーニングが必要です。
人によって苦手なところは違いますので、自分で何が苦手なのかよくわからない場合は、2人組みなどになって新聞や本の文章を抜粋して読み、お互いの言葉を聞き合ってみましょう。

自分の苦手とする連続音がわかったら、今度はその言葉を交互に繰り返して連取します。
例えば、「体(からだ)」という言葉が「カダダ」「カララ」と混同して聞こえてしまっていたら、「ラ」と「ダ」を交互に「ラダラダラダ」と発音してみます。
初めはゆっくりとで構いませんので、自分で2つの言葉の発音の違いをしっかりと認識しましょう。
この時も他の人に聞いてもらい、ちゃんと2つの言葉が明確に聞こえるかチェックしてもらいます。
慣れてきたら徐々に早く言えるよう練習をして、おしまいに先ほど読んだ文章をもう一度読んでみます。

子の連取を繰り返し行って、自分の苦手な言葉を少しずつなくしていきましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク