滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌よく言葉を「立てる」

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

例えば営業先や会社の個人発表の場など、より効果的に自分の意見を伝えるには、滑舌を鍛えることに加えてあるコツが必要です。
よく、アナウンサーがニュースを読むとき、大事な言葉をゆっくり言っていたり、少し間をおいて読んでいたりしませんか?
これが会話において需要となるポイントで、声に強弱を付けたり間をおいて話すことを「言葉を立てる」といいます。

言葉を立てる、とはつまり「強調する」ことです。
言葉の立て方は、具体的に「声に強弱をつける」「声に高低をつける」「緩急をつける」「間をとって聴き手の意識を引き付ける」などがあげられます。
もちろん、言葉を立てたとき滑舌が不明瞭でしたら意味がありませんので、基本的な発声や滑舌にも十分に注意してください。

言葉の立て方で最も効果的なのは、強調したい言葉の前に間を取り、その言葉をゆっくり・強めに言うことです。
大袈裟すぎるのでは、と思われるかもしれませんが、自分ではそう思っていても聴き手にとっては対して変化がないことがほとんどです。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク