滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌改善に効果のあるストレッチ

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌が悪くなる原因の一つに、首や肩の凝りが考えられます。
首から肩にかけての筋肉が凝り固まっていると、舌の筋肉が思うように動かず、言葉が持ったりした感じに聞こえてしまいます。
滑舌の練習をする前に、首や肩の筋肉をしっかりとほぐしてあげましょう。

それでは、首と肩のストレッチ方法のご紹介です。
はじめに、左手を頭の上から回し、頭の右側を押すような感じで首を左に倒します。
速さは必要ありませんので、ゆっくりと10秒くらいかけて行いましょう。
反対側も同様に、今度は右手を使って首をゆっくりと右に倒します。

続いて指を組み、後頭部を押すようにして首を前に倒します。
息を吐きながらゆっくりと倒したら、今度は首の動きを意識しながらゆっくりと後ろに倒します。
そしておしまいに肩と首をやさしく回し、コリをほぐします。

これだけでも十分体が軽くなりますが、普段から体が硬い方や凝り性である場合は、この一通りの流れを2,3回繰り返すなどして首・肩周りの筋肉を柔らかくしていきます。
他にもいろいろとストレッチの方法はありますので、滑舌練習の前には是非導入してみてください。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク