滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

特に「サ行」の滑舌を改善するために必要なこと

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌で「サ行」が苦手だという人はたくさんいますね。

私は「サ行」にかぎらず他の行でも滑舌は良くなく苦手でしたが、とりわけ「サ行」はやはり苦手でした。

実は私の苗字は「サ行」から始まるのですが、以前に事務職をしていた時に電話がなると「◯◯会社の◯◯です。」と電話応対をしなければいけないのですが、自分の苗字が「す」からはじまり自分の苗字なのにうまく発音できなくて正直電話応対はすごくいやでした。

事務職時代は電話がなるたびに嫌な気分でしょうがなかったです。

そんな滑舌の悪い私でしたが、発声の教室へ通ったり、声楽をならったりしていくうちに少しづつではありましたが滑舌が良くなっていきました。

滑舌というより、発声が少しづつ改善されて滑舌もしだいに良くなっていったという感じでした。

通っていた発声の教室ではヴォイス メイク(VOICE MAKE)というグッズを使用して、「オアオエウイアオエイ」「サセシスセソサソ」などの発声トレーニングを繰り返ししていました。

この発声教室へは3ヶ月くらい通いましたが効果はものすごくありました。教室へ通っていた3ヶ月の間に自分の発声が矯正されて大きくてしっかりとした声を出すことができるようになり、それにともなって滑舌もよくなりました。

いま振り返ってみると、通っていた教室の発声トレーニングで何が良かったのかというと、トレーニングを通じて横隔膜が鍛えられて声が安定して出せるようになったのだと思います。ボイスメイクというグッズも発声トレーニングを効果的にするという意味でそれなりに効果があったのだと思います。

「サ行」を発声するときは息がもれやすいので、しっかりとお腹でとめて息がもれないように発声する必要があります。お腹で止めるというのは横隔膜を使ってということです。

なのでとりわけ「サ行」が苦手な方には特に横隔膜を鍛えるトレーニングを紹介したいのですが、発声のトレーニングというのはやっかいで、トレーニング法を提示してもそれを行う個人の感じる感覚が人それぞれなのでトレーニングのやり方を間違って捉えてしまうという問題があります。

そこでトレーニングの取り組み方に個人差が出ないで安定して横隔膜を鍛えることができるトレーニングはないだろうかと考えていた時に思いついたのがPOWERbreathe (パワーブリーズ) プラス スポーツ (重負荷)という器具を使った横隔膜のトレーニングです。

私が実際に日々のトレーニングに使用していて効果を感じているものなので安心してすすめることができます。また器具の使い方も個人間で差が出るようなものではないので、トレーニングのやり方を間違えるという心配もありません。

最初に購入代金はいくらかかかりますが長く使えるものです。B’zの稲葉さんも使用していたのをテレビでみたことがあります。

滑舌に悩んでいる方は一度使用してみることをおすすめします。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク