滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌の改善は、前を向くところから

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌が思うように行かなかったり、言葉が相手に伝わりにくかったりする原因のひとつとして、「声の大きさ」が考えられます。

話をするとき、下を向いて口先だけでぽそぽそと話していませんか?

口が十分に開いていないと、音が口から正しく発せられず、滑舌も悪くなり勝ち声量も小さくなりがちです。

そう入ってもなかなか口を大きく開けて話すことが難しい、という場合は、まずは「前を向いて話して」みましょう。

滑舌をよくするには、プロのアナウンサーが行うような発声練習に取り組むのももちろんですが、その前に話すときの自分の姿勢に注意することが先決です。

試しに、顔を真下に向けて「あ・い・う・え・お」と話してみましょう。

下を向いて話すと、首の後ろに余計な力が入り、のども圧迫されて話づらい事がわかると思います。

逆に、今度は前を向いて「あ・い・う・え・お」と話してみましょう。

先ほど下を向いていたときよりも呼吸が楽にでき、話す声が前方に飛んでいく感覚が分かるはずです。

加えて、頭を上げて上を向く、という動作には、頭の中をプラス思考にし、物事に果敢に取り組んでいけるという心理効果があります。

自信のないときほどあえてしっかりと前を、またはやや斜め上を見て話すことにより、自然と声が大きく発せられるようになります。

このように、話すときの顔の角度は聞こえやすさの度合いや、話している自分自身のモチベーションさえ変化させます。

滑舌があまりよくないから、と不安に思わず、しっかりと相手を向いて伝えることを意識してみましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク