滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

「滑舌の悪さ」は改善できる

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

円滑なコミュニケーションに欠かせない「会話」。

話し方は人によって個性がありますが、歯切れがよく聞き取りやすい話し方は、よりスマートな印象を与えますね。

この話し方の印象を左右する代表的な要素に「滑舌」があります。

ですが、この滑舌に悩む方は予想以上に多いようです。


滑舌がよくない、舌足らずな話し方になってしまう原因としては、舌や口唇の動き、歯並び、子供の頃の環境による発音法の未成熟など様々なものが考えられます。

また、一般的に「滑舌が悪い」とは、「声が小さすぎて聞こえない」「音が正しく発音されておらず、聞き取りにくい」「音が繋がって発音されてたり、つぶれて発声されたりする」状態のことを言います。

骨格の作りなど先天的なものもありますが、大抵の場合、滑舌は意識することによって良くしていくことが可能です。

さらに言えば、日々トレーニングをしっかり行うことによって、滑舌は改善できるのです。

声が小さいと自覚があるなら、ボイストレーニングをして声量を上げる。

音が正しく発声されていない場合は、口を大きく開き、ゆっくりと正しい発音を心がける。

音がつぶれてしまう場合は、口の開き方や舌の動きに注意して一音一音はっきりと発音するなどの方法があります。

滑舌をよくすることは、よりよい人間関係を築くほか、自分の自信にも繋がります。

もともと滑舌が悪いからと言ってあきらめずに、自分にあった方法を探ってみましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク