滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

タ行の滑舌をよくするには?

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌トレーニングを行っていると、これまで言えていたと思っていた音も実は苦手であった、ということに気づく場合もあります。
中でも「タ行」は、普段は気づかないものの滑舌を意識すると意外と難しい言葉であることが分かります。

タ行の中で気をつけたいのが、「チ」と「ツ」です。
この2つは「無声音」といわれ、言語を発する際声帯が振動しない(母音が消える)音になります。
地方によっては母音を発音している場合もありますが、一般的には無声音発声になりますので注意してください。
この二つの音が綺麗に無声化されると、言葉もより歯切れがよく聞こえます。

ポイントは、息が抜けてしまわないように、腹筋を使ってしっかり声を出すことです。
一音一音ハッキリと発声することを意識しながら、「タ・テ・チ・ツ・テ・ト・タ・ト」の発声練習を繰り返し行いましょう。
なお、タ行もサ行同様に発音の種類が一つでは無いため、臨機応変な発音の使い分けも重要になります。
音の並びにも気をつけながら、息と舌の動き、腹筋を的確にコントロールできるよう滑舌トレーニングに励んでいきましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク