滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

緊張すると滑舌が悪くなる場合

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

普段の会話は問題ないのに、面接やプレゼンテーションで人前に立ったときやデートのときなど、緊張するとなぜか滑舌が悪くなってしまう、という経験を持つ人は多いでしょう。
このように緊張による滑舌の悪化が起こるという人は、「緊張すると言葉をかんでしまう」という傾向もあるようです。
この場合、緊張によるあせりが原因で早口になってしまっていることが考えられます。

緊張してもかまないようにするためには、顔と口の筋肉をしっかりとほぐしてあげることが重要です。
具体的な方法を以下にご紹介します。

顔の筋肉をほぐすトレーニングでは、鏡の前で「母音(あいうえお)」を大きな声・大きな口を意識して発声します。
「あ」の口は、指が縦に2本入るくらい大きく開けましょう。
自分では大きな口をあけてるつもりでも、実際に指を入れてみると1本半くらいしか開いていないことが多いようです。
少し大げさなくらい大きく開けて、声をしっかりと前に出しましょう。
「い」の口は、くちびるを横にしっかり広げ、口角を上に持ち上げ、笑顔を作りながら。
「う」は、口の中心に唇をぎゅっと寄せます。
「え」は、「あ」の口の半分程度が目安ですが、こちらも普段より大きく開けることを意識してください。
「お」は、口を小さくせず、指1本が入るくらい口を開けて声を出します。

この練習で大切なのは、必ず鏡の中の自分をしっかり見て行うことです。
滑舌トレーニングとはいえ、自分とのにらめっこのように思えて少し恥ずかしくなるかも知れませんが、この練習は「人の目を見て話すこと」のトレーニングでもあるのです。
たとえ鏡の中にいるのが自分でも、普段余り人の顔をみていない方にとっては意外と照れくさかったりします。
慣れてきたら今度は知り合いの前で同様の発声練習をしてみる、自分の声を録音して客観的に聞いてみるなどの工夫もしてみましょう。
トレーニングを繰り返し行い、顔回りの筋肉をほぐし、自分の話し方に自信をつけることが大切です。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク