滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌と鼻濁音の相乗効果

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌を完璧にマスターしたいなら、ぜひとも覚えておきたいのが「鼻濁音」。
ここでは、鼻濁音の使い方と練習方法をご紹介します。

鼻濁音を使えば音の印象はとてもよくなりますが、全ての「ガギグゲゴ」を鼻濁音にすればよい、というわけではありません。
鼻濁音の使いどころは決まっていますので、初めのうちは使い方からしっかりと覚えましょう。
まず、ガ行の音が言葉の始めにある場合は濁音、語中や語尾にある場合は、原則として鼻濁音になります。
また、助詞や接続詞の『ガ』も、全て鼻濁音になります。
なお、鼻濁音を文章で表す場合は、濁点の代わりに半濁点(゜)を付けて、「か゜き゜く゜け゜こ゜」と表記します。

鼻濁音を使いこなせるようになるには、滑舌と同様、ある程度の練習が必要です。
例えば、「夢か゜かなう」「中学校(ちゅうか゜っこう)に入学(にゅうか゜く)する」「卵焼き(たまこ゜やぎ)が焦け゜る」など、日常的な会話の中で意識して鼻濁音を使ってみましょう。
鼻濁音の使用方法に関しては、アナウンサーなどが使用しているアクセント辞典に詳しく載っています。興味があれば購入してみてもいいでしょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク