滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

タ行~ハ行の滑舌改善早口言葉

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

ア行~サ行の滑舌練習が一通り終わったら、続いてタ行~ハ行の早口言葉にまいりましょう。
滑舌はもちろんのこと、特にハ行は腹筋を意識して行う必要があります。

まず、タ行の早口言葉です。
代表的なものとしては、「たちましょラッパでタチツテト(たちましょ らっぱで たちつてと)」「この竹垣に丈竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのです(このたけがきに たけたてかけたのは たけたてかけたかったから たけたてかけたのです)」。

ナ行は、「なめくじのろのろ ナニヌネノ(なめくじのろのろ なにぬねの)」「納戸にぬめってなにねばる(なんどにぬめって なにねばる)」。

ハ行は「鳩ぽっぽほろほろハヒフヘホ(はとぽっぽ ほろほろ はひふへほ)」「ひっそり秘書が司書とひそひそ話す(ひっそりひしょが ししょと ひそひそはなす)」などがあります。

これらの早口言葉を練習していると、口の周りやほほの辺りがじんわりと熱くなって来ます。
これは、口輪筋・小頬骨筋・大頬骨筋など、主に口から頬の筋肉にかけての表情筋が鍛えられている証拠です。
顔の筋肉が柔らかくなると口の動きもよくなり、滑舌もより美しくなります。
一気に読み上げるのが難しいときは適度に休憩をはさめめつつ、頑張ってトレーニングしてみましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク