滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

口を大きく開けると滑舌がよくなる?

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

よく、口を大きく開けて話すと滑舌が良くなる、といわれますが、そもそも「口を大きく開けて話す」とはどういったことなのでしょうか。

ただ単に口をぽかっと大きく開くだけでは単音しか発せられませんし、口が開いたまま動かなければ会話をすることも困難です。
口を大きく開けて話す、ということは、口をバランスよく上下にあけるということです。

普段なかなか口をしっかり開いて会話が出来ない、という方は、口を大きく開けるトレーニングからスタートしましょう。
まず、あごの関節を上下にバランスよく開くようにイメージしながらゆっくり大きく口をあけてみます。
顎関節を指で触りながら行うと、自分のこっかっくがどのように動いているのかがよく分かります。
場合によっては、この骨の動きを意識しただけで、滑舌改善につながる事もあるようです。
慣れてくると、口をバランスよくあけることができるようになり、声が前方に出やすくなります。
この時点ではまだ声を出さなくて大丈夫ですので、出来るだけゆっくりと、あごを痛めない程度に繰り返してみてください。

地道なトレーニングではありますが、この基本が後の滑舌トレーニングに必ず活きてきます。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク