滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

「あいうえおの歌」で滑舌練習

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

「あめんぼあかいなあいうえお」という発声練習を耳にした事はありますか?
よく劇団員の方が滑舌の練習として用いているものですが、この言葉遊びのようなうたは、北原白秋の「あいうえおの歌」といい、滑舌練習のためのテキストとしてはあまりにも有名です。

水馬赤いなあいうえお(あめんぼあかいなあいうえお )。
浮藻に小蝦も泳いでる(うきもにこえびもおよいでる )。
柿の木栗の木かきくけこ(かきのきくりのきかきくけこ )。
啄木鳥こつこつ枯れ欅 (きつつきこつこつかれけやき)。
大角豆に酢をかけさしすせそ (ささげにすをかけさしすせそ)。
そのうをあさせでさしました (その魚浅瀬で刺しました)。
立ちましょ喇叭でたちつてと(たちましょらっぱでたちつてと )。
トテトテタッタと飛び立った (とてとてたったととびたった)。
蛞蝓のろのろなにぬねの(なめくじのろのろなにぬねの)。
納戸にぬめってなにねばる(なんどにぬめってなにねばる )。
鳩ポッポほろほろはひふへほ(はとぽっぽほろほろはひふへほ )。
日向のお部屋にゃ笛を吹く(ひなたのおへやにゃふえをふく )。
蝸牛ネジ巻まみむめも(まいまいねじまきまみむめも )。
梅の実落ちても見もしまい(うめのみおちてもみもしまい)。
焼栗ゆで栗やいゆえよ(やきぐりゆでぐりやいゆえよ )。
山田に灯のつくよいの家(やまだにひのつくよいのいえ )。
雷鳥寒かろらりるれろ(らいちょうさむかろらりるれろ )。
蓮花が咲いたら瑠璃の鳥(れんげがさいたらるりのとり )。
わいわいわっしょいわゐうゑを (わいわいわっしょいわゐうゑを)。
植木屋井戸換へお祭りだ (うえきやいどがえおまつりだ)。

このように、あいうえおの歌は、50音をバランスよく配しているため、演劇などの滑舌・発声練習に適しているとされます。
一通り声に出して読むだけでも効果がありますので、日々のトレーニングに取り入れてみてください。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク