滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌をなめらかに

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌をなめらかにする練習方法のひとつに「発声練習」があります。
発声練習とは、声を使う上での基礎となる声帯の共鳴や、息の支え、滑舌などを鍛える訓練のことです。
演劇部、放送部に所属していた事がある方なら経験があるでしょうし、皆さんも一度はどこかで体験したことがあるのではないでしょうか。
ここでは、アマチュアの方からプロの方までが幅広く活用している代表的なものをご紹介しましょう。

まずは基礎編です。

背筋を伸ばし、立つもしくは座った状態で「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と、一言一言一秒ずつかけてはっきりと発声します。

ポイントとなるのは、腹式呼吸に案っているか、口はしっかりとバランスよく大きく開いているか、の2点です。
まだ声を出すのが難しいようであれば、声を出さない状態(口パク)でもOKです。
続いて、「か・け・き・く・け・こ・か・こ」「さ・せ・し・す・せ・そ・さ・そ」「た・て・ち・つ・て・と・た・と」・・・・・・と、50音すべて同様の形で発声します。
「や・え・い・ゆ・え・よ・や・よ」「わ・え・い・う・え・お・わ・お」まできたら一度口を休め、またア行から繰り返します。
繰り返す回数は3回から5回程度が目安ですが、口のまわりの筋肉(口輪筋)が刺激され、疲れやだるさを感じたらそこで終了です。

難しくはない言葉ですが、初めは一回目でもかなり疲れを感じるかもしれません。
この発声練習は、滑舌の美しさが必須とされるアナウンサーなどが実際に行っているものです。
慣れるまでは口の動きと腹式呼吸を意識しながら、体が自然と覚えるまで毎日根気よく続けてみましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク