滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌と巻き舌

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌があまり良くない、大きな声を出すと滑舌が悪くなってしまう、という方の場合、巻き舌も同様に苦手である場合が多いようです。
巻き舌とは舌を使った子音の調音方法の一種で、通常歯茎のふるえる音のことを指します。
ドイツ語など外国語の発音や、歌唱でよく使われますね。
巻き舌ができないと滑舌が悪くなる、という訳ではありませんが、将来ボーカルを目指す人や、声優、ナレーションなど声の職業につきたいという人なら習得しておいた方が良いでしょう。
また、舌の運動でもある巻き舌ができるようになれば、ラ行のアタック音がより明快になり、ラ行が美しく発声できるようになります。

巻き舌がうまく出来ない原因を簡単に説明すると、横から息が漏れているからです。
舌が上口蓋にくっつき、そこを息が通ることによって「ルルルルrrrr」という巻き舌の音になります。
舌の横がしっかり上についていないと、そこから肝心な息が漏れてしまい巻き舌は出来ません。

巻き舌ができるようになるには、巻き舌に近い動きを練習して舌の動きを自分で理解し、身につけるほかありません。
例えば、「プル、プラ、プル、プラ」もしくは「アラ、オロ、アラ、オロ」を連続して言い続けます。
慣れてきたら出来るだけスピーディに、早口言葉のように言ってみてください。
これを繰り返していると、ある時あるきっかけでいきなり舌がまかれ、巻き舌ができるようになってきます。。
人によってその期間は差があり、一分と立たずにできる人もいれば、何か月もかかる人もいます。

巻き舌ができればその分舌の可動幅も広がり、滑舌をより明瞭にすることにもつながります。
なかなかできないからと言ってあきらめず、どうぞ辛抱強く続けてみてください。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク