滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

ア行~サ行の滑舌改善早口言葉

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑



声を出して読む日本語の本―豊かな声をつくる早口ことばと滑舌例題集


ある程度発声練習になれたら、次に挑戦したいのが滑舌トレーニングのための早口言葉です。
滑舌を綺麗にするもの、と聞いて、おそらく大多数の人が思い出すものだと思いますが、早口言葉で大切なのは「滑舌よく、一つ一つの単語を綺麗に発声すること」です。

早口言葉の練習は、50音に沿ってア行からスタートします。
まずはよく使われるア行~サ行までの早口言葉を練習しましょう。

ア行の早口言葉でよく滑舌トレーニングに用いられるのは、
「あめんぼ赤いな アイウエオ(あめんぼ あかいな あいうえお)」、「お綾や親にお謝りなさい(おあやや おやに おあやまりなさい)」など。

カ行は、「柿の木栗の木カキクケコ(かきのき くりのき かきくけこ)」「菊栗菊栗三菊栗 合わせて菊栗六菊栗(きくくりきくくりみきくくり あわせてきくくりむきくくり)」。

サ行は、「ささげ(大豆)に酢をかけ サシスセソ(ささげに すをかけ さしすせそ)」「ジャズ歌手シャンソン歌手新春シャンソンショー
じゃずかしゅ しゃんそんかしゅ しんしゅん しゃんそんしょー」などが有名です。


滑舌改善のほか、早口言葉によって口周りの筋肉が鍛えられ、顔の下半分のラインを美しく整える効果もあります。
初めから早く、スムーズに言う必要はありませんので、ゆっくりしたスピードから初め、暗記するくらい繰り返し練習してみましょう。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク