滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

サ行の滑舌をよくするには?

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

言葉の中でも、特に「サ行」だけいいずらい、滑舌が悪いということはありませんか?
他の言葉は特に問題なく発音できるのに、この「サ行」が綺麗に発音できない、という人は実は日本人に多いようです。

サ行がうまくいえない原因としては、歯並び、舌や唇の動きなどが挙げられます。
特に歯並びはサ行の滑舌に大きく影響するので、歯並びを矯正したらサ行がすんなり言えるようになった、という人も少なくありません。
もし歯並びが極端に悪い場合は、言葉の専門職に尽きたいというのであれば出来る限り矯正などで整えた方がよいでしょう。

もうひとつの原因としては、舌や唇の動きが間違っている可能性があります。
試しに「サシスセソ」と発音し、自分の舌がどこについているかを確認してみてください。
このとき、舌の先端が上の歯についてたとしたら、それは英語で言う「th」の発音を行うときの舌の動きです。
この方法で日本語の「サ行」を発音すると、相手が聞き取りにくかったり、場合によってはタ行やハ行に聞こえてしまいます。

サ行の滑舌改善方法としては、上顎の歯茎にいつも同じように息を当てられるようなトレーニングを行います。
「サーサーサー」「シーシーシー」「スースースー」「セーセーセー」「ソーソーソー」と繰り返して、息がしっかり発せられているか、その息が上顎の歯茎辺りにちゃんと当たっているかを確認してください。
また、滑舌を良くするトレーニングとしては、「文章をすべてサ行で読む」という練習方法もあります。
「昔々、あるところに おじいさんと おばあさんが おりました」なら、を「すさしすさし、さすそそそし そしいさんそ そさあさんさ そしさしさ」となります。

舌は筋肉でできていますので、鍛えればちゃんとした動きが出来るようになります。
サ行が綺麗だと話し方が全体的にさわやかな印象になりますので、それほど苦手意識を持っていない場合でも是非トレーニングを行いたい言葉です。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク