滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

母音で話す滑舌トレーニング

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

アナウンサーや歌手などプロの方が実践している滑舌トレーニング法に「母音で話す」というものがあります。
「母音で話す」滑舌トレーニングとは、ある一定の長さの文章を、すべて母音に直して読み上げる、といったものです。
アナウンサー、歌手のほか、劇団四季など舞台で活躍する役者も実践している練習方法で、滑舌改善や声量向上の効果も期待できます。

文章を母音に直して読むくらいならすぐできる、と思われるかもしれませんが、実はなれないと意外と難しいものです。
例えば、「おはようございます」は「おあおうおあいあう」、「いただきます ごちそうさま」なら「いああいあう おいおうああ」になります。
文字にしてみると一見楽そうですが、試しに手元にある新聞やほんの数行を母音だけで読んでみてください。
漢字や数字の音も全て母音に変換しなければならないので、頭を使うトレーニングだということがわかりますね。

「あいうえお」は、それぞれ口の開け方が異なるため、顔の筋肉をしっかりと動かす必要があります。
「母音で話す」練習の際は、顔の筋肉や舌の動きを意識して、しっかりと大きく口を開けながら行いましょう。
このトレーニングを続けることで母音がしっかり発音できるようになると、声が安定してほかの行の滑舌もはっきりと発音できるようになります。
「母音で話す」トレーニングがしっかりできるようなったら、続いて子音を含めた元のままの文章を読み、口が開いているか・声が出ているかを確認しましょう。

このトレーニングは一日だけ、数回だけでは効果を得ることは出来ません。
出来る限り毎日継続して、じっくり確実に滑舌を改善していきたい方にお勧めです。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク