滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌を鍛える「外郎売」

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

本格的な滑舌トレーニングを行う再、必ずと言っていいほど使われる有名な題材として「外郎売(ういろううり)」があります。

「外郎売」とは、市川團十郎家の得意芸を集めた「歌舞伎十八番」の一つ。
いわゆる「曾我物」のひとつである「若緑勢曾我」の一幕を一部独立させたもので、享保3年 (1718) の正月、江戸森田座で初演されました。
歌舞伎の演目としてご存知の方も多いかもしれません。

この「外郎」というのはのどの薬のことで、話の内容としてはのどの薬(外郎)の売人に化けた曽我五郎が仇である工藤祐経に近づくというものですが、ここに登場する口上が早口言葉・長台詞として有名で、俳優や声優の発声・滑舌の練習として使われています。

「拙者(せっしゃ)親方(おやかた)と申すは、御立合(おたちあ)いのうちに、ご存知のお方(かた)もござりましょうが」・・・・・・からはじまり、まるで早口言葉のような言葉遣いが次々と出てきます。
プロのアナウンサーや役者などは、この口上を躓くことなく、すらすらと読むことが出来るまで徹底的に暗記するまで繰り返すそうです。
滑舌のほか、ある程度の長さを一息で読むため肺活量も必要になりますし、舞台役者の場合はここに演技も加わるため、総合的な表現の練習にもなります。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク