滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

ラ行の滑舌をよくするには?

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌において、特に「ラ行」が苦手という人は多いのではないでしょうか。
日本語におけるラ行は舌をしっかり動かさないとあいまいな音になってしまうため、ちゃんと発声できていないと滑舌が悪く聞こえ、舌足らずな印象を与えてしまいます。
また、舌の長さによってもラ行の発音のしやすさは変わり、舌が長めの人ほどラ行は苦手とすることが多いようです。

ラ行を滑舌よく発声するコツは、しっかりと舌を動かすこと。
舌の動きが鈍いと日本語らしいクリアな音にならず、巻き舌のようになってしまいますので、下は平らなまま上あごにつけ、はじくように動かすのがポイントです。
舌の当たり方、はじき方を確認したら、次に声を出して「ら・れ・り・る・れ・ろ・ら・ろ」と大きな声で発声練習を行います。
ラ行が苦手な場合は、50音の中でも特にラ行の発声練習を繰り返し行ってください。
会話の中でもラ行を綺麗に発音することを心がけましょう。
ただし、あまり意識し過ぎたりあせったりすると、言葉が転んでしまいかえってせかせかした印象になってしまいますので、落ち着いてゆっくりと発音することが大切です。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク