滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

舌の様々な動きが必要!?ら行を上手く発音するコツとは?

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

日本語は五十音で構成されているものですが、その五十音の中でも「ら行」は、口や舌を上手に使うことで発音できる音と言われています。また、発音がしやすい・しにくいと感じる理由には、個人差があります。それは「顎をどう開くか」「舌の形状」「舌の先端部分の位置」といったことが1人1人違うからです。さらに、舌の長さも人それぞれで違うことが多い上に、短い舌の人だと滑舌が良くないため発音しにくい音と言われています。

それ以外にも、別の理由で「ら行」の音が発音しにくいことがあります。肺から出た空気の流れを一度口内で止めた後に発音しようと勢いよく空気を出すため、本来出したい「ら」ではなく、「だ」の音に近寄ってしまう場合です。

もう1つの理由は、普段からあまり舌を動かすことがない場合です。舌をなかなか動かしにくいと感じると努めて舌を動かして発音しようとしますが、これでは変に力が入ってしまって逆に上手く発音できない要因となるのです。

上手く発音する方法として、まず口で肺からの空気を止めているならそのクセを見直しましょう。そして発音する際には、変に力が入らないようにします。そのコツは舌を柔らかく動かすことを意識して、口内の上部分にさりげなく舌の先が当たるようにすることがポイントです。

改善できるトレーニングとして「早口でら行を話す」ということがあります。ただ日常生活の中で、早い口調で会話をする機会がなかなかありませんので、いきなり早く話せといわれても抵抗がある人もいることでしょう。そこで最初は何度も大きな口で発音することから始めます。この地道な努力で少しずつ変化が出てくるでしょう。

そして肝心なのが、普通に「らりるれろ」だけを早口で言うのではなく、言葉を入れ替えたりしながら発音をしていくようにしましょう。舌が短いために上手に話すことが難しい人もいるでしょうが、それ以外では普段のトレーニング次第で少しずつ良い方向へ変わってくるケースもあります。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク