滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

これでや行は大丈夫!や行の滑舌トレーニング

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

自分の滑舌が悪いため、話したことを人に聞き取ってもらえないという人の嘆きを聞くことがあります。その中でも、や行の発音が難しいという人は意外と多いです。そこで今回は、や行の滑舌をよくするトレーニングについて紹介します。

そもそも、「やゆよ」が上手く発音できないのは、母音と子音の発音の違いが分かっていないからです。「やゆよ」は発音してみると分かるように、母音に非常に近い発音をします。だからといって、母音との違いを意識して発音しようとすると、余計に発音が悪くなってしまいます。これらを踏まえたうえで、「やゆよ」の発音トレーニングをみていきましょう。

や行のトレーニングでは、一度口を「い」の形に開いてから、「いや」「いゆ」「いよ」といった具合に発音しましょう。「い」の形に口を開いたら舌を少し奥に引っ込めて、そのまま「あ」の形に口を開くことで「や」と発音することができます。このときに母音と子音の違いを意識しすぎると上手く発音ができないので、あまり意識せずに発音練習を行いましょう。また、長く「い」を発音すると「や」の発音が不自然になってしまうので注意しなければなりません。

この発音練習になれたら、次は「やゆよ」を使った文章で発音の練習をしましょう。例えば、「山田君は薬局によってきて、薬剤師に約束の薬剤をもらった」や「愉快な勇作君は、ゆるゆるの指輪をはめている」など、「やゆよ」を使った簡単な文章を作って発音します。このような発音練習を繰り返すことで、会話の中で自然に「やゆよ」の発音ができるようになります。このときにも、母音と「やゆよ」の発音の違いを意識しすぎないように、一言一言焦らないで発音しましょう。

滑舌の悪さは発音練習を重ねることで、少しずつ改善していくことが可能です。なので、もし「やゆよ」の発音が難しいという人は、あきらめずに発音練習をしましょう。練習をする前よりは間違いなく発音が良くなるので、気になった人はぜひ試してみてください。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク