滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

早口言葉練習で滑舌改善!自信を持って話せるようになる

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

ま行の発音がしづらく苦手意識を持っている場合、それを改善するためのトレーニングを行うことが必要です。滑舌が悪い原因として口の開き方や呼吸法、表情筋の筋力不足などが挙げられます。生まれつきの歯並びや輪郭によって発音がしづらい場合もありますが、簡単なトレーニングを行うことによって発音がスムーズになることもあります。

ま行は唇を一度閉じて発音する鼻音です。同じく唇を閉じて発音するものとして「ば行」や「ぱ行」が挙げられますが、これらは破裂音と呼ばれるもので音の種類が違います。きちんと唇を閉じて破裂音ではなく鼻音になるよう意識して発音します。話をする時に口角を上げて話す癖がある人の場合、上の歯と下唇をつけて発音してしまうことがあります。見た目は笑顔で印象も良く素敵ですが、一つ一つの発音がきちんと唇をしっかり閉じてから発音した時に比べて明瞭感がなくなってしまい、子供っぽい発音の仕方になってしまいます。

舌は口の中で浮かした状態を保ち、どこにも触れないように意識します。上歯の裏に舌が当たってしまうと、な行の音に近くなってしまうので舌の位置にも注意が必要です。うまく発音するためのトレーニング方法は「青巻紙、赤巻紙、黄巻紙」「スモモも桃も桃の内」「麦ごみ麦ごみ三麦ごみ、あわせて麦ごみ六麦ごみ」などのま行を多く含む早口言葉を繰り返し練習することです。そうすることで唇を閉じたり開いたりする時に使われる筋肉を鍛えることができます。筋肉が鍛えられることで唇が動かしやすくなり、発音がしやすくなります。

このように滑舌は練習を繰り返すことで徐々に改善されていきます。一音一音を意識して発音するように取り組むことが大切です。滑舌が改善されると話もスムーズになり、自信を持って話をすることができるようになります。早口言葉は少しの空き時間があれば練習することができますしお金もかからないため、簡単に実践することができる改善方法です。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク