滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

は行の効果的な滑舌トレーニング!腹式呼吸と早口言葉が効果的

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

『は行』は「あいうえお」の母音の前に息だけを出す無声音「h」が足された発音になります。他の行よりも息を多く使うのが特徴です。そのため、息の勢いがないと母音まで息が続かず、母音が小さくなってしまいます。上手く発音するためには腹式呼吸をいつも以上に意識して、お腹に力を入れることが重要です。

腹式呼吸のトレーニングをすることは効果的です。腹式呼吸は空気を鼻から吸って口から吐く呼吸法です。肩幅くらいに足を開いて立ち、お腹に両手を当てます。お腹に息を溜めるようなイメージでゆっくり鼻から息を吸います。お腹に力を入れて口からゆっくり息を吐きましょう。30秒~1分程度を目安に限界と感じるまで息を吐き続けます。吐いている息と同じ速さでお腹をゆっくり凹ませていきます。この時、肩や胸が動いている人は正しい腹式呼吸ができていません。胸が動いている人は通常の呼吸と同じ胸式呼吸になっています。お腹に当てている手が自然に動けば正しい呼吸法ができている証拠です。同じトレーニング法を仰向けになった状態で行うこともできます。他の人にトレーニングを見てもらうと、お腹が動いているかすぐに分かります。これを定期的に続けていくと、次第に息を吐く時間が伸びて来ます。息の勢いを鍛えることができるのでは行の発音において非常に効果のある方法です。

腹式呼吸を鍛えたら実際に滑舌の特訓を行います。「はひふへほ」と発音する時に1音ずつお腹を一気に凹ませて息を勢いよく出すことがポイントです。「はっ」「ひっ」「ふっ」「へっ」「ほっ」というイメージを持って行いましょう。母音までしっかり発音すれば息漏れが減少し、聞こえやすい発音となります。

さらに滑舌を鍛えるには早口言葉が効果的です。「鳩ぽっぽほろほろハヒフヘホ」「日向のお部屋にゃ笛が吹く」などは行が多い早口言葉で息を長く続かせる特訓を行いましょう。「はひふへほ」と続けて発音する場合は、1音ずつ口の形を大きく変化させると発音しやすくなります。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク