滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

トレーニングで滑舌が治る?!な行を鍛えよう

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌に自信がない人にとって、「な行」が上手に言えずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。な行はうまく言えないと子供っぽい話し方に聞こえてしまいますので、明確に発音したいものです。

口の周りの柔らかさや舌の可動幅などにより滑舌には個人差がありますが、一度口を閉じてから音を発する「な行」は苦手にする人も多いです。中でも最も不明瞭になりがちなのが「に」と「ぬ」です。これらの音は他の音と比べて唇の開閉の動作が大きい分、しっかりと唇を動かさないとはっきりと発音できません。唇をしっかりと動かさないで発音すると「なにぬねの」と言っているつもりでも、「あいうえお」に聞こえてしまいます。

発音はトレーニングをすることである程度解消が見込めます。発音練習のフレーズとしては「のんびりノロノロ」、「なななな何とバナナなのだな」、「バナナの謎はまだ謎なのだぞ」が良いでしょう。特に苦手意識を持っている人は「んー」とハミングのように発音することから始めてみるのがおすすめです。。ある程度慣れてきたら「んーなー、んーにー」のように母音をつけてトレーニングして見ましょう。特に、先にあげた発音が難しいと言われている「に」と「な」については「んな」、「んに」と発音すると発音がしやすいです。舌の動きが滑らかになるまで、どんどん何回も練習するのがポイントです。また、練習する際には鏡を用意して自分の顔を確認し、口の形をチェックしながら発音してみると良いでしょう。自分で見てもちょっと大袈裟だなと思うくらい極端に口を動かすのが大切です。

ある程度慣れてきたら早口言葉に挑戦してみるのも良いです。例えば、「あのアイヌの女の縫う布の名は何、あの布は名の無い布なの」、「抜きにくい釘引き抜きにくい釘釘抜きで抜く釘」などがあります。ポイントとしては鼻にこもらないように発音することで、何度も早口言葉を利用して練習すると滑舌よく言えるようになります。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク