滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

た行に効果的な滑舌トレーニング!舌の位置が大切

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

『た行』は破裂音と呼ばれ、舌の位置が重要です。「ち」以外は発音する際に上顎の前方に舌の先がつくと綺麗な発音となります。上手く発音できない人は舌を正しい位置に押し付ける力が弱いかもしれません。歯を閉じ、正しい位置に舌の先を押し付けて1音ずつ発音してみましょう。舌が歯よりも前に出ている人は正しい位置ではありません。

た行の滑舌を良くするためには舌を鍛えるトレーニングが効果的です。舌を天井に向かって限界まで伸ばします。5秒~10秒程度限界の位置を維持してから舌を戻します。これを何回か繰り返しましょう。定期的に続けることで舌を鍛えることができます。日常生活において隙間時間があれば口の中で舌を左右に動かすこともトレーニングになります。簡単そうに見えますが、長く続けると舌が疲れてきます。

舌の正しい位置を意識するために「ラタラタラタラタ」と繰り返す方法もあります。「ラ」と「タ」では舌の位置が異なるので、1音ずつしっかり舌を動かすことを意識して行います。「ラ」と「タ」の間で舌が大きく動いているか自分で確認しましょう。これはたくさん行うよりも、1回ずつ意識しながら丁寧に行うことの方が大切です。他にも「たちつてとちつてとたつてとたちてとたちつとたちつて」という言葉を一息で言うトレーニングがあります。1音ずつ口の形を大きく変えれば、口の周りの筋肉と舌を鍛えることができます。また、肺活量アップにも繋がります。

早口言葉も舌の位置を意識して行わなければなりません。「立ちましょラッパでタチツテト」「トテトテタッタと飛び立った」などた行が多く含まれているものが効果的です。1回目は舌の位置を意識してゆっくり3回連続で行います。その次に舌の位置は意識したまま、1回目よりも早く3回連続で言ってみると良いでしょう。高度な早口言葉であれば「この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけた」があります。このような難しい早口言葉は文章の意味を理解し、動きをイメージすることで言いやすくなります。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク