滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

息の流し方に注意!「さ行」の上手な発音の仕方

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

他の言葉は大丈夫なのに、なぜか「さ行」だけは言いづらいという人が日本人には多いと言われています。特に歯並びや舌の動き、唇の動きが発音に大きく関係しており、歯並びを矯正することで発音がよくなったということもあるようです。

「さ行」の中には「さ」「す」「せ」「そ」という「s」の音と「し」という「sh」の2音があります。他の音と違って「し」の音だけは本来「しゃ」「し」「しゅ」「しぇ」「しょ」という「sh」の音の仲間に含まれます。

「s」の音を発音するためのポイントは、発音するときに舌の先を前歯の歯茎の裏側に近づけ、その隙間に息を流すことです。その一方、「sh」の音を発音する場合には「s」の音よりも舌の位置を少し後ろにし、息も「s」の音よりも多く流すことがポイントとなります。そのため「s」の音を出しているつもりが、流す息が多すぎてしまうと「sh」になってしまい、「さ」が「しゃ」になってしまったり、「そ」が「しょ」になってしまったりするので注意が必要です。

またもう一つの気をつけるべきポイントとしては、舌の位置が前に行き過ぎると今度は「th」の音になってしまいます。そうすると舌足らずで子どもっぽいしゃべり方の印象を聞く人に与えてしまいます。そのため、発音が苦手だという人は歯をしっかり閉じて舌が前に出すぎないようにする癖をつけることが大切です。

「さ行」の滑舌をよくするトレーニング法としては、「酒3杯、シャンパン3杯、最後に酢を3杯」という言葉を上手に言えるように練習するとよいでしょう。また文章をすべて「さ」の音に変えて読むという方法もあります。たとえば「昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました」を「すさしすさしさすそそそし、そししさんそそさささんさすんせしさしさ」というようにです。

「さ」の音が上手に発音できないと子どもっぽい印象を与えてしまう一方、上手に発音できるようになると今度は全体的にさわやかな好印象を与える話し方に変わります。苦手な人はよく訓練するとよいでしょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク