滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

か行を克服して滑舌を良くする!

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

か行は、あ行などと比べて発音しにくいです。なので最初からスムーズに発音できる人は少なく、トレーニングを繰り返すことでスムーズになります。発音しにくい理由は、一旦肺からの空気の流れを止めないとkの音が出ないからです。「かきくけこ」と発音しにくいのは仕組み的に仕方ない部分もありますが、だからこそスムーズに発音できるようになると滑舌が良いという印象を与えることができます。

練習のポイントは呼気圧にあり、呼気圧が弱いと適切に発音できません。呼気圧が弱いと洗濯機が「せんたっき」という言い方になってしまいます。綺麗に「せんたくき」と発音できるようになれば呼気圧が強くなったと言えます。

まずはkの音をゆっくりと大げさに発音します。イメージとしては「かっかっ」という具合で、意識してkの音を出すことでだんだんスムーズな音の出し方が分かってきます。慣れてきたら「かかかかか」「ききききき」という具合にkの音を連続してなるべく速く言うようにします。最初の頃は、速く言おうとしても言えないなどもどかしさに悩みますが回数をこなす姿勢が大切です。スピードアップも大切ですが、声量やテンポもなるべく一定にするように意識したいものです。このようなトレーニングを重ねていると、鍛えられて舌の力が強くなります。これは良いことで、か行のみならず他の発音もスムーズになるので一石二鳥とも言えます。

シンプルな練習が難なくこなせるようになってきたら、次は難しい練習をしなければいけません。滑舌というのは、練習を怠れば怠るほど元通りになってしまうので注意が必要です。早口言葉は有効で、高架橋橋脚(こうかきょうきょうきゃく)などを何度も言うと更に鍛えられます。難しい早口言葉をスムーズに言えるようになったら、もうか行における発音の悩みは解決されたと言っても過言ではありません。ただ、トレーニングに終わりはないので早口言葉はもちろん基礎的な発音練習も忘れないようにしましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク