滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

今すぐ実践!あ行の滑舌をよくするトレーニング

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

普段会話をしている中で相手が聞き取りづらくしていたりと、滑舌が悪くてお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。相手にうまく聞き取ってもらえないことが多い、とお悩みの方はあ行の滑舌トレーニングから行ってみるのがおすすめです。

まずは「あ」の発音からしっかりと練習をします。「あ」は舌を丸めずに口を自然に開いて発音します。しっかりと「あ」と発音できるか何度か繰り返してみます。次は「あ」の付く単語をいくつか発声してみます。挨拶、ありがとう、明日などの単語をしっかりと聞き取りやすく発音できたら次は「い」の練習です。

「い」は口を横に開き、舌を丸めずに発音します。唇を両端にしっかりと開くような感覚で発音すると、聞き取りやすくなります。何度か練習を行ったら「い」の付く言葉を発音してみます。今どき、いつでも、祝いなどの言葉を綺麗に発音できたら次は「う」のトレーニングです。

「う」はなかなか聞き取りづらい言葉で、少し難しいので丁寧に練習を行います。唇は中心に寄るような感覚で舌は丸めません。何度か「う」を繰り返し練習したら「う」の付く単語を発声してみます。うつぶせ、運転、上野など単語を発声して綺麗に聞き取れたら完成です。次は「え」の練習です。

「え」は「あ」に近い口の形で発声します。「あ」よりは口は横に開き、舌は丸めません。「え」は、自然に口を開いて力を入れずに発声するのが一番聞き取りやすくなります。「え」の付く単語の絵の具、栄養などの単語を綺麗に発音できたら次は「お」の練習です。

「お」は「う」にも似ていて聞き取りづらいので気を付けながら発声します。「う」の発音時よりも口を下に開いて「お」と自然に発音してみます。力を入れてしまうと「を」にも聞こえがちです。「お」の練習は、「あ」から「お」までを通して発声してみるのがおすすめです。あ行を通して練習してみると「お」の発音がきれいにできるようになります。「お」の付く単語の音量、折り紙などの単語を綺麗に発音できたらあ行は完璧です。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク