滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

舌筋を鍛える滑舌トレーニング

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

歌やアナウンス、朗読など専門的な分野のほか、日常会話などでも滑舌がきれいな人は好感がもて、さわやかな印象を受けます。
滑舌を左右するのは、やはり「舌の動き」です。
そして舌の動きをよくするためには、まず舌筋を鍛えることをお勧めします。

舌も筋肉ですので、腕や足のようにしっかりとしたトレーニングを行えば舌筋の筋肉を鍛えることができます。
舌筋を鍛える方法はいくつかありますが、こちらでは口を閉じたままできるトレーニング法をご紹介します。

まず、口をしっかりと閉じた状態で、下唇と下歯茎の間に舌をさし込みます。
そのポジションから、今度は舌の先端に力を入れて、右端から左端にゆっくり移動させましょう。
この時、すばやく移動させるのではなく、ゆっくりと5カウントするくらいの気持ちでじんわりと動かします。
そして左端までいったら、そのまま力をゆるめずに右端に戻ります。
以上の動作を3往復行ったら、今度はそのまま上唇と上歯茎の間に舌を移動させ、右・左の移動を同じように3往復行います。
一見簡単そうに思えますが、すべての動作が終わっていることには顔の筋肉がだいぶ痛くなっているかと思います。

このトレーニングを行うことによって、普段はあまり使わない舌筋が鍛えられて、滑舌が各段に良くなります。
一日一回、好きな時間帯で構いませんので、発声練習と合わせて継続して行ってみましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク