滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌を鍛える「じゅげむ」

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

「外郎売」のように滑舌トレーニングで用いられる有名な題材といえば、「寿限無(じゅげむ)」があります。

「寿限無(じゅげむ)」は、早口言葉あるいは言葉遊びとして知られる古典的な噺で、上方落語では「長名」ともいいます。
内容としては、ようやく生まれた子にめでたい名前を付けようとして、とにかく「長い」ものが縁起がいいと考えた大人たちがとんでもなく長い名前を付けてしまう、という笑い話です。
もしくは、縁起のいい言葉を幾つか紹介され、どれにするか迷った末に全部付けてしまった、という筋の場合もあります。

滑舌練習や言葉遊びで用いられるのはそこに登場する子供の名前で、全てひらがなで書き出すと「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽ ぱいぽ ぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの ちょうきゅうめいのちょうすけ」となります。

肺活量と滑舌を鍛えれば、この長い名前も一呼吸で言えるようになります。
「サ行」「ハ行」など言いにくいところも何箇所かありますが、その部分をスムーズに言えるように繰り返し練習してみましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク