滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

舌の可動幅と滑舌

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

かつぜつ(滑舌)とは、字の通り舌の回りが滑らかであることをいいます。
つまり滑舌において、舌の動きは重要なポイントとなります。

口をしっかりと開いているのに舌足らずな発声になってしまう、という場合は、舌の動きに重点を置いた滑舌練習をする必要があります。
例えば、歯を閉じたままで早口言葉や朗読をする練習方法です。
上下の歯ができるだけ開かないように話そうとすると、いつも以上に舌の動きが活発に感じられます。
このとき、あまり舌が動いていないようであれば、普段の会話のときにも舌の動きが鈍くなっているかもしれません。

舌の動きが鈍い、少し動かしただけでも疲れる、というときは、舌そのものの筋肉が衰えている可能性もあります。
舌の筋肉を鍛え瑠方法はいくつかありますが、ちょっとユニークな方法として「はちみつなめ運動」というものがあります。
これは、口のまわりにはちみつ(もしくはチョコレートなどぽたぽた落ちてこないもの)を塗り、それをぐるりとなめ取っていく方法です。
舌は出来る限り外へ出し、根元から大きく一周するようにします。
少々お行儀は悪いかも知れませんが、下を大きく動かすことによって可動幅も広げ、より滑らかな動きが出来るようになります。

最初のうちは一周しただけでも舌がじんわり熱くつくなるかもしれませんが、この動作を1日2~3回、ゆっくりと時間をかけて行いましょう。
舌の可動幅が広がり筋肉がつくだけで、話やすさは格段に違ってきます。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク