滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌改善のための口の開き方

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌をよくするためには、口をバランスよく、大きく開けて話すことが大切です。
口を大きく開く動きを自然に行うことが出来るようになったら、今度は大きく口を開けて声を出してみましょう。

普段私たちは日常会話の中で滑舌を意識して話すことは少ないため、人によっては口が小さいまま会話するのに慣れてしまい、それが原因で滑舌が悪くなってしまったいる可能性があります。
口を正しくあけられるようになったら、いつもより少し大きな声を出してみましょう。
「あー」「えー」「おー」など口を開く母音が望ましいですが、自分の出しやすい音があればそちらでも構いません。
まずは自分の出しやすい音を、出しやすい音程で大きく発声してみます。

次に、自分の出せるところまでで構いませんので、一番低い声から高い声と徐々に音域を上げて声を出してみます。
これにより、自分の声の範囲を探ることができます。
このトレーニングは滑舌のほか、歌唱力向上にも繋がりますので音域を広げたい方にもオススメです。

なおこのトレーニングを行うときは、必ず鏡を使います。
自分ではバランスよく口をあけているつもりでも、意外と開いていなかったり、形が偏ったりゆがんでいることがあります。
練習のときは必ず顔全体がうつる鏡を見ながら、自分の口の開きをチェックしつつ行ってください。
また、グループで行う場合は二人一組になり、お互いの口の開き方をチェックし合ってみましょう。
自分ひとりで練習するよりも、客観的な意見があったほうがより効果は高まります。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク