滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

アナウンス辞典を滑舌練習に活用しよう

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

アナウンサーが活用しているアイテムのひとつに、「アクセント辞典」というおのがあります。
声を生業とするアナウンサーにとって、滑舌はもちろんのこと、物事を正確に伝えるには正しいアクセントで話す必要があります。
そこで活躍するのが、このアクセント辞典です。

代表的なものはやはり「NHK日本語発音アクセント辞典」です。
全国で最もよく使われている共通語アクセントがひと目で分かるすぐれおので、アナウンサーのほか、役者などもよくこの時点を活用しているようです。
言葉のアクセントはわかっているようで意外と間違って覚えているものが多く、例え方言がない地域出身者であっても、自分が気づいていないだけでアクセントが乱れていることがよくあります。
付録としてアクセント一覧方がついているので、初心者の方でも使いやすいでしょう。

そしてアクセント辞典としてはもうひとつ、三省堂の「新明解日本語アクセント辞典」があります。
どちらがいいとは一概には言えませんが、こちらは新しいアクセントの掲載が早く、最近流通している言葉のアクセントにも対応しています。
NHK版には掲載されていない言葉のアクセントも載っていたりしますので、改訂が早い方がいいというときは三省堂版の方が使い勝手は良いでしょう。
少々お金はかかりますが、両方持っていても損はありませんので、自身のお財布とよく相談してください。

なお、滑舌トレーニングの方法に、同じ音でアクセントの違う言葉(箸と橋、柿と牡蠣など)を連続していうという方法があります。
滑舌トレーニングと同時にアクセントも覚えていけば一石二鳥ですね。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク