滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

発音練習と滑舌

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌を良くする一番の近道は、毎日発音練習を繰り返し行うことです。
しかし、日々同じような発声練習を繰り返してばかりだと、だんだんと飽きてきてしまうことも。
そこでお勧めしたいのが、新聞の一面読みです。

朝、夜など時間を決めて、その日の新聞の1面(トップニュースの所)を声に出して読んでみましょう。
新聞を取っていない場合は、インターネットのニュースサイトを活用してもOKです。
言葉の頭をはっきり言うことを意識して、アナウンサーになったつもりでそのニュースを読み上げてみてください。
このとき、語頭・母音・鼻濁音に気を付けて発音すると、滑舌がきれいに聞こえます。
また、ただ単に読むだけではなく、音声を録音したり、機材があれば動画にして客観的に見てみたりすると、自分の読み癖や苦手な滑舌がよくわかります。
機会があれば、家族や知り合いなど数人の前で読んで感想を着てみるのもいいでしょう。

運動と同じで、発声は少しブランクがあるとすぐに鈍ってしまいますので、根気よくできれば毎日続ける必要があります。
毎日内容に少しずつ変化をつけながら、自分のレベルに合わせてトレーニングしていきましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク