滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

ナ行の滑舌を鍛えよう

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

口周りの柔らかさや舌の可動幅など、滑舌には個人差がありますが、一度口を閉じてから音を発する「ナ行」も、よく苦手とされる音の一つです。
中でも滑舌が不明瞭になりがちな音が、「に」と「ぬ」です。

ナ行は他の音と比べ、唇の開閉の動作が加わる分、しっかりと唇が動いていないと音が正しく発音されません。
口の開閉がなっていない状態でナ行を発音すると「なにぬねの」が「あいうえお」になってしまい、滑舌の良し悪しがはっきり出てしまう音でもあるので、な行が苦手な場合は口の動きを大きく、息が漏れないようしっかりと閉じることから練習する必要があります。
特に先にあげた「に」「ぬ」ですが、この2つは母音の音が強調されやすいので、うまく言えないときは少し大げさなくらい母音前の音をはっきりという必要があります。
具体的にいうと、「に」と「ぬ」の直前に「ん」があるような感じです。
口の形をチェックしながら、「んに」「んぬ」と何度か繰り返し、唇の動きをしっかりと確認しましょう。
音の発声に慣れたら、次はナ行の早口言葉で口をならしていってください。

きちんと口を動かしているつもりでも、よく観察してみると意外に出来ていないものです。
自分で大きめかな、と感じるくらいがちょうど良いので、恥ずかしがらずに大きく口をあけて練習をしていきましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク