滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌と腹式呼吸声の瞬発力

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

言葉がうまく発せられない、相手になかなか聞き取ってもらえない、という滑舌の悩みを抱える人は意外と多く、最近では社内でプロのアナウンサーを呼んでの講習会を開くところもあるようです。

滑舌の悪さのひとつに「声の瞬発力不足」が上げられます。
声の瞬発力とは、言葉を発する際口から外に出て行く息の量のことで、声の瞬発力がない人の特徴としては「サ行」の滑舌が苦手であることが多いようです。

チェック法としては、口の前に手をあて「手術 手術 摘出手術」と発音します。
ここで、サ行の音ところで手に息があたらなかった人は、声に瞬発力がない可能性があります。
特にサ行は滑舌チェックの際重要視される音なので、「さしすせそ」をうまく発音できると、話し方がよりさわやかな印象になります。

声に瞬発力がないとうまく発声できないサ行の滑舌改善方法はいたってシンプル。
「息に勢いをつける」ことです。
発生する際、「す」ではなく「すっ」と息を出すことを意識しながら、先ほどのサ行の早口言葉「手術 手術 摘出手術」を練習してみましょう。
何度も練習することで息に瞬発力がつき、同時に肺活量も鍛えることが出来ます。
一週間に一度の長時間のトレーニングよりも、毎日時間のあるときに、こまめにトレーニングしていったほうが効果はでますので、寝る前や昼休みなど時間を決めてやってみましょう。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク