滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌をよくする腹式呼吸トレーニング

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌改善の基礎となる「腹式呼吸」。
腹式呼吸によって声量を一定に保つことにより、声のぶれによる音の揺らぎ、発音の粗悪さといった滑舌の問題点を解消することが期待できます。

腹式呼吸の方法は、おなかに意識を集中して、肩が上下しないように呼吸をすることです。
呼吸の仕方ですが、まず肺の中の空気を出し切ります。
このとき型に力を入れず、おなかをへこませながら息を吐きましょう。
次に、おなかを前に出酢イメージで膨らませながら、鼻からゆっくりと息を吸います。
この動作を3回以上繰り返し行いましょう。

どうしてもおなかが膨らまない、肩が上がってしまうというときは、初めは仰向けに寝転んで呼吸をしてみてください。
たいていの場合、寝ている状態の呼吸は腹式呼吸になっています。
お腹に手をあてて、息を吸ったときにふくらみ、はいたときにぺたんとへこむ動きを確認してみましょう。
慣れるまでは「鼻で吸い、口で吐く」を基本に、ゆっくりと呼吸を行います。
鼻で吸いにくいときには口で吸っても大丈夫ですので、お腹から意識をそらさずに頑張ってみましょう。

慣れるまで時間はかかるかもしれませんが、毎日10分間でも続けて行っていると、一ヶ月後には自分の声量が変化しているのが実感できるはずです。
なお、腹式呼吸は人の気持ちや体をリラックスさせる効果があります。
緊張すると滑舌がどうも悪くなる、という方にもオススメしたい呼吸法ですので、日々のトレーニングとして活用してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク