滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌(かつぜつ)を良くするために母音で話す練習をしよう!

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑



劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924)


滑舌を良くするための練習方法は、発声練習や早口言葉などがあります。

アナウンサーや歌手などプロの方が実践している滑舌トレーニングが『母音で話す』ということです。あの有名な劇団四季でも実践している練習方法です。

『母音で話す』ということは、例えば「おはようございます」は、「おあおうおあいあう」となります。

「あいうえお」は、それぞれ口の開け方が異なります。

『母音で話す』トレーニングをしている時は、顔の筋肉や舌の動きを意識して、しっかりと口を開けながら行うとより効果的です。

母音がしっかり発音できると、滑舌の悪さもかなり改善されます。『母音で話す』トレーニングがしっかりできるようなったら、子音を含め、早口言葉などを練習しましょう。

毎日行うことが滑舌を良くすることにつながり、発声練習を毎日継続して行わないと効果はなかなか感じられないようです。

また、滑舌を良くするためには発声練習以外にも、自分の声をテープに吹き込み、滑舌が悪い言葉をチェックすると苦手な言葉を意識して発音する事につながります。

その他にも、腹筋を鍛えたり姿勢を良くすることも滑舌をよくします。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク