滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌(かつぜつ)を訓練しよう!

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

滑舌は、文字の通り“舌の滑りをよくする”という意味で使われますが、国語辞典などには記載がないので業界用語のようです。

舌を鍛えることが滑舌の訓練にもなります。例えば、舌を使う事を意識しながら1つ1つの音を発音し、文章を読んでみましょう。

舌を使うということは、自然と口を大きく開ける事につながり、顔の筋肉をしっかり使って発音する事にもつながります。

また、滑舌を訓練するためには、発音練習を行うのが効果的だといわれています。

よくアナウンサーの人が、発音練習を早口言葉で行うことがあります。

早口言葉で練習する時は、はじめはゆっくりでいいのでハッキリと発音し、徐々にスピードを増していくことが滑舌を良くするポイントとなります。

また、『ざ・ぞ・だ・ぞ』など濁音の言葉を、数回続けて早く言うなどといった訓練方法もあります。

慣れてくると、言葉を増やして練習してみましょう。

こうした訓練は、はっきりした単音の発声が身につき、滑舌が良くなります。

訓練をすることで、滑舌は良くなります。滑舌の訓練は、毎日行うことが大切です。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク